TEL
MENU

自律神経失調症・慢性疲労でお悩みの方へ

新陳代謝機能が高まり、体内循環が改善されると、自律神経の乱れが整い、疲れにくい体になります。

1 このような自律神経症状で、お悩みではないですか?
  • 一日中、倦怠感を感じ、いくら寝ても疲れが抜けない
  • 頭痛肩凝り、腰痛など、体のあちこちが痛む
  • 気分が落ち込み、何もする気がしない
  • 寝付きが悪く、眠りも浅い
  • 特定の状況下になると、動悸や息苦しさが現れ、過呼吸状態になる
  • めまい吐き気を催しやすい
  • 便秘下痢胃のムカツキなど胃腸症状がある
2 自律神経失調症・慢性疲労について
自律神経失調症や慢性疲労は、病院では明確な原因を特定できないために、薬などの対処療法的な処置がほとんどのようです。西洋医学的には、それぞれの定義や症状は、次のようになります。

(1)西洋医学的な定義

自律神経の乱れと慢性疲労は、漢方医学的な観点でみれば、原因・症状も重なる点が多いので、ここでは同じものとして説明させていただきます。

(2)漢方医学の見解

漢方医学には、上記のいずれの症状に対しての見解や対処法が、現在でも十分活用できるものとして整理されています。上記症状の治療において、何より大切なのが、診立てです。診立てる際、次のように内臓や気血水の不調和を検討していくことになります。

  
【内臓の不調和】

疲労感を生み出す要因として、内臓面では、主に肝臓と脾臓の問題が挙げられます。肝臓は主に「行動・緊張」、脾臓は「思考・弛緩」との関係が深く、この2つの内臓は、お互いに協力し合いながら、人間活動を支えています。

そして、「行動・思考」が「緊張・弛緩」のいずれかに偏りすぎると、それぞれの内臓の機能の問題が生じやすくなります。

人間の活動パターンと内臓機能は大いに関係し、大まかに分けると次のようになります。

・頑張り屋さん、イライラしやすい、我が道をいく→肝臓の機能亢進→常に緊張状態
・考え込みやすい、落ち込みやすい、人の意見や目を気にしやすい→脾臓の機能低下→何もする気がしない

また、肝脾の2つの内臓は、腎臓を土台にして、互いにシーソーのように、身体の左右のバランスを取り合っています。行動・思考面に偏りが生じると、2つの内臓のバランスが悪くなり、自律神経に乱れが生じやすくなります。


  
【気血水の不調和】

気血水の不調和とは、単純に言えば、「エネルギーが過剰か、不足か」の問題です。漢方医学では、エネルギー過剰の状態を「実」、エネルギー不足の状態を「虚」と表現します。そして、それぞれの問題は、次のようになります。・実:気滞血瘀(気が停滞することで、血も停滞する)、湿痰(ネバネバして、潤す用途をなさない余計な水)

・虚:気虚(活動エネルギーの不足)、血虚(身体組織に栄養を与える血の不足)、陰虚(身体組織を潤す水の不足)

これら、内臓・気血水の状況は、全身の新陳代謝と関連します。なので、内臓・気血水の不調和が改善すれば、新陳代謝も回復し、慢性疲労症候群や自律神経失調症に現れる各症状も緩和しやすくなります。

3 疲労回復力と自然治癒力の向上のポイント
そもそも、何故、上記の様な問題が生じるのでしょうか?それは、現代的な生活スタイルが一部関与するものと思われます。私たち人間は、どれほど文明社会を発達させたとしても、自然の一部であり、その条件から逃れられません。

とりわけ、運動の習慣が減ったり、自然に触れる機会が少なくなると、大地との繋がりが弱くなります。そのために、体内のエネルギー循環が悪化し、疲労物質が溜まって、新陳代謝機能が落ちやすくなるのです。

妙見法術活法には、大地との繋がりを改善し、自然との親和性を取り戻す作法があります。わずか数十秒程度の作法によって、地に根差して立てる状態になれば、上下のエネルギー循環が改善し、疲労物質が抜けやすくなります。そうなると、徐々に本来の疲労回復力を取り戻せるようになります。

また、自律神経失調症や慢性疲労症候群の方の多くは、過去の悪い目に遭ったことが、心・体に刻み込まれ、現在に影響しています。妙見法術活法には、その過去の影響を薄めていきながら、心・体共に浄化していく術理が豊富にあります。

4 症状改善のお喜びの声

初回の施術後に体が軽くなったのを実感!ひどかっためまいも改善しました

O.M.様(女性/30歳/教師)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
過呼吸、自律神経の乱れ、めまい
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
はい
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
HPを見て、似たような症状が紹介されていたので
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
最初は半信半疑でしたが、西洋医学では対処療法しかなく、薬を処方されるだけでした。このまま薬が増えていくことに恐怖を覚え、藁にもすがる思いで治療を受けみました。

初回は問診を含めて3時間近くかかりましたが、治療することで、体が軽くなり、早速、翌日の仕事に変化が出ました。

寒い日が続いて本当に毎日しんどい思いをしていたのが、1時間近く、外での誘導の仕事ができたのです。「この治療は私にあっているのかもしれない」と思い、週に2回通いました。

その中で、先生に運動(特に散歩)をするよう勧められたので、暇を見つけては歩くようにしました。

他に、職場での業務負担を軽くしてもらったことなども影響があるかもしれませんが、だんだん日を追うごとにめまいが起きなくなりました。

今も無理をすると逆戻りしてしまうときもあり、油断はできませんが、起こっても以前より症状が軽く、仕事に影響の出ない程度におさまっています。一番ひどかった状態を脱したことは確かです。

鍼灸治療に不安のある方もいらっしゃると思いますが、痛みもほとんどありません。同じような症状でお悩みの方は、ぜひ一度、受診してみてください。

予約制なので、忙しい方にもぴったりです。他の患者さんと顔を合わせることも少ないので、安心して通っていただけると思います。

(※施術効果には個人差があります。)

手放せなかった鎮痛剤を全く飲まなくなるほど頭痛がなくなりました。

K.Y.様(女性 /27歳/販売員)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
肩こりや耳なり、頭痛などがひどく、その他にも胃痛や扁桃腺炎など体の不調な状態が続いていた。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
いいえ
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
母が通院しており、母の症状が改善しているのを見て、自分の体調を治したいと思ったため。
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
5年程前に接客の仕事を始めてから、肩こりに悩まされていました。また学生の頃から頭痛もひどく、鎮痛剤なくては生活出来ない程でした。

(病院へ)通院を始めるすこし前から耳なりもひどくなり、また頻繁に胃痛や体調を崩すようになり、病院へ通うもはっきりとした原因が分からず、良くならない日々が続いていました。

そんなときに母からの勧めもあり、鍼灸治療を受けることにしました。通院して3~4週間程すると、手放せなかった鎮痛剤も全く飲まなくなる程、頭痛もなくなり、耳なりや肩こりも良くなっていました。

体調が改善されてから、不安感がやわらいだものもあり、精神的にも落ち着き、気持も楽になったように思えます。

また鍼灸治療をしていると、つらかったアレルギー性鼻炎も症状をやわらげることができ、花粉症の時期も楽に乗り越えることができました。

最初は体に鍼を刺すという行為にかなり抵抗がありましたが、体調が改善されていく状態を目の当たりにして、通院して良かったなと今は心から思います。

(※施術効果には個人差があります。)

数回の施術で、肩の重さや張りなどがなくなりました

I.K.さん(男性/42歳/無職)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
肩凝り、眼球疲労、肩が重く、首が回らない。目の奥が痛くなり、頭痛となる。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
いいえ
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
私は、ベーチェット病という慢性疾患があるので、その病気の知識がある先生をインターネットで検索してHPを見つけ、HPの内容と、掲載されていた顔写真で決めた。
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
初診の問診において、幼少の頃からの病歴や、生活環境、性格などといった多方面からの内容であること、十分時間をとったその丁寧さに、信頼感と安心感を得ました。

肩凝り、眼球疲労は、数回の治療を受けただけで効果があり、特に肩凝りは、普通に首が回る様になり、肩の重さや張りなども無くなりました。

また、その時々の症状(風邪、腰痛など)で治療を受けたさい、その日のうちに改善を感じる事ができました。

鍼治療において、ベーチェット病患者は不適合であるという意見もあり、不安がありました。また鍼一本で症状が改善するのかという疑問が有りましたが、先生の問診、治療を受けて、それらの不安や疑問は無くなりました。

先生と鍼治療の効果に感謝しております。

(※施術効果には個人差があります。)

治療を受けてから物事に集中しやすくなり、ぐっすり眠れるようになりました

匿名希望(男性 /28歳/建設業)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
朝起きる時に腕がしびれて、力が入らない。時々どうきが起こる。その他、ひざ痛、腰痛。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
はい
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
(未記入)
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
何回か治療を受けていくうちに、腕に力が入っていくようになった。

毎回治療を受けて感じることは非常にリラックスできるということ。リラックスできることによって、物事に集中できやすくなったり、良い睡眠がとれるようになった。

2週間くらい通ってから状態も大きく回復した。たくさんの大きな病院をまわったが原因不明と言われた。心療内科で「効くかわからないが」と薬をもらったが、鍼灸治療で徐々によくなっているという結果があったので、川上先生に相談し、副作用のある薬は飲まなかった。

私が思うに回復はゆっくりだが、とても効果的で、病院の薬よりもやさしい治療なのではないかと思います。

足・腰が痛いにも関わらず、趣味のテニスをしながら治療できたというのも、私には合っていました。集中できると、判断力が付き、治療にも専念しやすくなりました。現在は、月に1,2回わるくなりかけてきたら、行くようにしています。

(※施術効果には個人差があります。)

5 自律神経失調症・慢性疲労改善の症例報告

 

自律神経失調症・慢性疲労改善の症例報告はコチラ >

漢方鍼灸 妙見活法 大阪天満 かわかみ吉祥堂

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8-25 長田ビル3F
駐車場なし
電話番号06-6354-4189
休診日日曜日 火・土曜日午後 第4木曜日午前
院長川上 哲寛妙真
駅から治療院までの詳しいアクセスはコチラ

ページトップへ⬆︎大阪市北区で自律神経失調症の治療で評判の漢方鍼灸院 │ 大阪天満 かわかみ吉祥堂