TEL
MENU

小児科疾患のお子様をお持ちのご両親へ

  • 「何でこんなに毎晩に泣き続けるの?」という夜泣き
  • 「何でこんなにキーキー言うの?」という疳の虫
  • 「しょっちゅう顔をしかめたり、
    首をかしげたりするけど…」というチック症
  • 「よく風邪ばっかひいて、体が弱くて心配やわ」という虚弱体質
  • 「何かと、よく下痢するわね~」という胃腸症状
  • 「よく皮膚を掻いたり鼻をすするけど、
    何かのアレルギー反応かしら」というアレルギー性症状
  • 「小学生になってもオネショして、うちの子、大丈夫?」という夜尿症

現在、育児奮闘中のご両親、毎日の子育てご苦労様です。お子様の成長を優しく見守っているご両親にとって、お子様の健康に関して常に心配事は尽きませんよね。特に、お子様の成長に関してお悩みになることとして、”夜泣き・疳の虫”をよく耳にします。

夜なかなか泣き止まない、スーパーなど人前で突然泣き叫ぶ。ご両親にとって、「どうして?」「何がいけないの?」と不安ばかりが募るかもしれません。この様なことが度重なると段々と、特にお子様と接触する頻度が高いママさんはストレスで子育て自体が辛いものになってしまいます。

でもご安心下さい。小児鍼には、お子様の興奮した情緒を和らげる働きがあります。情緒面が落ち着いてくると、疳の虫や夜泣きが段々と緩和していきます。更に、小児鍼を受けたお子様は、以前より言葉を覚えるようになるなど、学習スピードが上がったと仰るママさんは少なくありません。

小児鍼には、やり方は様々ございますが、赤ちゃん・お子様には”刺さない鍼”をすることがほとんどです。”刺さない鍼”と言うと、鍼を刺すものという考えの方にとっては、「どういうこと?」と疑問に感じられことでしょう。

でも本当に刺しません。形状は先の丸いものや少しとがったもの、素材も金製・銀製の鍼を用いて、お子様の皮膚に軽くタッチをするようにして、その微妙な刺激をツボに送る様なやり方です。お子様の体質・症状に合わせて、軽いタッチの刺激の治療だけで、大人同様の効果を出すことが可能です。

一般に、お子様の身体は陽気に満ち溢れ、とても敏感です。その一方で成長段階の途中で、身体の各部位も未発達です。なので、大人にする様な鍼治療では、刺激が大き過ぎます。時間にして1分少々で終わることがほとんどなので、治療を実際にご覧になられるママさんには「エッ!もう終わりですか?」とよく言われます。

例えて言うなら、薬を飲むときに子供用の分量を服用するのと同じことです。ですから、見た目には物足りなくても、お子様の身体にとって十分な刺激を加えていることになります。軽微な刺激でも、というより軽微な刺激だからこそ、お子様には丁度良いのです。

チック症とは、主に乳幼児期から学童期にかけて、本人の意思とは関係なく、「まばたき、首振り、顔しかめ、口すぼめ、肩上げ」といった反応が繰り返し起きる症状のことをいいます。

また、上記症状以外に、「飛び跳ね、足踏み、足けり」など全身に及ぶ運動性チックや、「咳払い、鼻ならし、叫びや単語を連発する」発声チックもあります。

チック症の原因を、西洋医学、漢方医学共に、精神的要因の「不安、ストレス、緊張」を挙げていることは共通します。しかし、身体的要因に関していえば、双方とも見解が異なります。

西洋医学では、脳神経系の異常を挙げているのに対し、漢方医学では、その見解を否定はしないものの、五臓六腑の協調性の乱れを強調しています。

各臓腑の乱れの中でも多いのが肝の臓の機能亢進で、実は、これが精神的要因と大きく関わってくるのです。他には、肺脾腎の臓の機能低下が関与することもあります。

こういった病に対する捉え方の違いは、二つの医学の根底にある哲学の違いから生じるものであって、双方の医学自体の優劣を決めるものではありません。

この場合、まず第一に大切なのは、「医学としての実践性」です。

西洋医学では、近年になって、心と身体を一体にして捉えた理論も生まれつつあるようです。しかしながら、実践面において、薬物療法、あるいは心理的ケアや行動療法以外、これといった確実に有効といえる手段は発見されていません。その意味で、チック症の治療に関して、まだ発展段階というのが実情のようです。

一方、漢方医学は、”心身一如”の思想から、チック症など精神的要因が関与する病を、歴史上、多くの医師が治してきた実績があります。

漢方医学では、お子様の虚弱体質・アレルギー疾患・耳鼻科疾患など各種の小児科疾患を治療する場合、呼吸器と消化器の働きを重視して観察します。風邪引きや鼻炎などの耳鼻科症状なら、呼吸器との関連は想像がつきやすいかもしれません。

それでは、何故漢方医学では、消化器の働きを重視するのでしょうか?

漢方医学では、お腹にある胃腸や脾臓などの消化器官が、肺や鼻などの呼吸器官を下から支えていると考えております。

特に、成長段階のお子様の呼吸器と消化器の機能は、いずれも未成熟のため、体外では気候変化、体内では飲食物からの影響を直に受けやすくなっています。そのため、体の内外で冷えると、風邪引きが生じやすくなります。

また、漢方医学では、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎は、いずれも体内に蓄積した毒素を鼻や皮膚から排出している反応として考えております。その毒素は、主に二つに分類されます。

一つは、ママさんの妊娠前・中の食習慣に影響して、お子様が胎内にいたときに蓄積してしまった毒の「胎毒」、もう一つは、お子様の生後の飲食によって蓄積した「水毒」です。これら2つの毒を体外に排出させるために、消化機能を整えることが最重要になります。

このように、何より消化機能を整えることが、お子様の健やかな成長にとって欠かせません。

オネショもお子様によくある症状のうちの一つです。尿の問題ですから、まず泌尿器症状のこととして考える必要があります。泌尿器は、漢方医学では腎膀胱の臓腑、特に腎はお子様の成長の土台となるので、単なる泌尿器の問題ではありません。

風邪をひくことが少なく胃腸も丈夫でしっかりと成長している、でもオネショが…というお子様なら、何かしらのストレスが関与しているかもしれません。ストレスが持続的にかかると、尿を排出させる機能が亢進することがあります。大人でも過度に緊張したら、トイレにいきたくなりますよね。

漢方鍼灸では、いずれの要因で起きた症状かを、しっかりと根拠をもって治療させていただきます。

最後に、大変重要なことでありながら、案外見落としがちなことがあります。それは、ママさんご自身の心と身体の状態についてです。妊娠中、そして出産後も授乳を通じて、お子様の身体は母体の影響を強く受けます。

更に授乳期間が過ぎてからも、子供は豊かな感受性のために、母親の精神状態の影響を受けやすい傾向にあります。つまり、妊娠中だけでなく出産後の数年間は、ママとお子様は一心同体の要素がとても強いのです。

お子様の健康状態だけでなく、ママさんご自身の健康状態はいかかですか?当院に小児鍼を受けにお子様を連れて来られるママさんの健康状態について問診をすると、妊娠時や出産後のストレス・食生活の問題・疲労などがお子様に影響して、アトピー・夜泣き・疳の虫などの小児科疾患を発症させていることが少なくありません。

息子はほとんど怖がらずに治療を受けることができ
「鍼に行きたい!先生に会いたい!」と言うようになりました。

國定怜央君(男性/5歳)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
首の痛みと首をかしげる癖と回数。
1日中首をカクンカクンとかしげる動作がめについていました。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
いいえ
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
HPを見て、似たような症状が紹介されていたので
インターネットで調べて、院内の雰囲気なども子供にとって恐怖感がないような優しい感じだったので。

初めての印象は、先生が穏やかで優しい感じ。そして院内はアロマの香りとゆるい照明で、とてもリラックスしてしまう環境だということ。

息子はほとんど怖がらずに治療を受けることができ、「鍼に行きたい!先生に会いたい!」と言うようになりました。

症状は、半年ぐらい続いていたので、ゆっくり時間をかけて良くなればいいかなぁぐらいに思っていたのですが、週に2回約1ヶ月位で、今は首が痛いと言うことも、首を曲げたりかしげたりも全くなくなって、正直ビックリしています。

病院で色んな検査を受けても以上が見つからなかったのに、親も息子本人も何もなかったかのように今は生活できています。

先生に小さなことでもどんなことでも話しを聞いてもらい、息子にも子供の目線で接してもらい、負担の少ない治療で良くしてもらって、感謝しています。

(※施術効果には個人差があります。)

綿棒浣腸するほどの便秘が、自力で出せるまでに。また、夜泣き、かんのむしがなくなって、朝までぐっすり眠れるようになりました。

H.S.ちゃん(女性 /0歳)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
便秘症状。夜泣きで寝ない。かんのむし
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
いいえ
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
親族からの紹介で
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。

便秘は綿棒浣腸をしないと出なかったのが、自力で出せるようになった。
夜泣き、かんのむしはマシになり、気持ちが安定しているのか、よく笑うようになった。夜は朝までぐっすり寝るようになった。

親として子供が安定してくれると安心するので、このような症状を改善できた鍼灸治療は信頼できます。赤ちゃんには鍼を使わず、痛くないようにして頂けるのはとても安心できます。※

その他、体をトータルケアして頂けるのにも助かっています。

※”鍼を使わず”とありますが、毫鍼という刺す鍼を使わず、実際は刺さない鍼の”古代鍼”を使用して治療致しました。

(※施術効果には個人差があります。)

チック症を改善されたお子様のお父様の声


漢方鍼灸 妙見活法 大阪天満 かわかみ吉祥堂

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8-25 長田ビル3F
駐車場なし
電話番号06-6354-4189
休診日日曜日 火・土曜日午後 第4木曜日午前
院長川上 哲寛妙真
駅から治療院までの詳しいアクセスはコチラ

ページトップへ⬆︎大阪市北区で自律神経失調症の治療で評判の漢方鍼灸院 │ 大阪天満 かわかみ吉祥堂