TEL アクセス お問い合わせ

ホーム > アレルギー性疾患の症例

症状別改善の症例報告

アレルギー性疾患改善の症例

漢方鍼灸で、アレルギー症状、さようなら

喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症、じんましん

など、当院で治療した代表的なアレルギー性疾患改善の症例をご紹介しますので、どうぞご参考になさってください。

症例1 風邪引き後のじんましんでお悩みの神戸市40代の女性

患者:女性 48歳 自営業
初診日:2011年4月15日

主訴について

<じんましん発症の経緯>
じんましんが、来院2週間前に発症。
花粉症の状態だったところに、風邪を引いた(発熱は無かった)。咳・鼻水が出たので、当初、花粉症が悪化したものだと思った。

耳鼻科受診をしたところ、抗生剤を1回服用し、咳・鼻水は1日で治まったが、じんましんが出現(本人曰く、発汗はできた)。一時、治まっていたじんましんが、4月4日から首~胸~腹など胴体部に出現。

因みに、ここ2年、夏になると胸が痒くなりやすい。

<じんましんの状態>
凸型の紅班、痒いので掻くと赤くなる。
発症部位は、顔~胸と上半身中心。
時々、手のひら、足の裏にまで出る(上肢・下肢は出ていない)。

お風呂に入った後やホッとした後に悪化しやすく、仕事中はあまり気にならない。

深夜から明け方に発症しやすく、痒みで眠れないことがある。

その他の症状

〇頭全体に頭痛

〇4年前からPCの使用時間が長くなった頃から、寝違いを起こしやすくなった

〇左頚部痛

〇疲労時の腰痛

〇春先(3月末~5月)の花粉症 など

既往歴~現病歴/生活環境/精神状態など

24歳 結婚。義父に対してのストレス過多。結婚後、それまで28日の生理周期が、半年、2年間止まることがあった。

30代後半 元主人の愛人がいることが分かり、ストレス過多

39歳 離婚

44歳 自営でネット関連の仕事をするようになる。PC作業が増え、首・肩こりがきつくなる。

48歳 引越後、疲労過多。この頃より、顔ののぼせ感があった(ホットフラッシュ)。

<食事について>
食事は、肉類・揚げ物を食べることがほとんどなく、、野菜や豆腐料理などをよく食べる。

漢方医学的診断/治療と経過

【漢方医学的診断】
心肝火旺>腎虚(=心熱腎虚で血分まで熱が波及)

【治療と経過】
1診・2診 後谿
3診 後谿・照海
4診 照海・百会
5~13診 至陽・霊台・後谿・申脉から一穴、井穴刺絡
(6診 井穴刺絡のみ)
14診~17診 後谿(15診のみ 申脉追加)

まとめ

じんましん発症の要因として、

○気象変化によるもの(寒熱両方あり)
○血液に余計な熱がこもる
○飲食の不摂生による胃腸に湿気と余計な熱が合わさった老廃物が溜まる
○気血の不足

が挙げられます。

この方のじんましんがどのタイプかは、問診とお身体の診察にて決定していきます。

問診情報では、<じんましん発症の経緯><既往歴~現病歴>記載の「ここ2年は夏になると胸が痒くなりやすい」「ここ4年間、仕事がかなり忙しく、パソコン作業が増えたことで、肩凝りがきつくなった」が有力情報です。

そんな中、2011年3月上旬に、花粉症が発症した頃に風邪を引き、耳鼻科を受診した際に処方された抗生剤にて咳や鼻水は収まるも、その後、じんましんが発症しました。

<問診+体表観察⇒診断>
問診から、おおよそ何らかの熱が関与しているのは推測できました。

熱性の病の場合は熱を示す脈を確認できることが多いのですが、この方の脈は、初診の段階では表面が硬くかなり細い脈で、熱を顕著に示す脈ではありませんでした。その場合、他の診察情報から補う必要があります。

舌診では、

舌本体が真っ赤、更に舌先が赤い点が多く集まっている、
背中での診察から心臓に熱がこもっている反応

を確認できました。

これらの情報から症状の成り立ちを

元々ストレスにより身体に余分な熱をこもらしていた所に、風邪を引いた。抗生物質により、咳・鼻水といった典型的な風邪症状は収まるも、元々あった熱は発散されずに、身体の奥に位置する血液の方へ沈んでいったことによるじんましん

と診断しました。

しかし、脈がかなり細く、一部気血の弱りの存在も考えられるので、刺激量に気をつけながらの治療法を選択する配慮が必要だと考えました。

4回目までの治療は、熱をさばくツボへの治療を行いましたが、治療した日の晩はいくらか楽になるものの、症状の緩解はあまり大きくはありませんでした。ところが、5回目の治療で、手の指先から血を出す”刺絡”治療をしてから、脈が細く堅い脈から、反って本来の熱を示す滑脈を示すようになっていきました。

この脈の変化から「ようやく病の本質が外へ現れ出したな」と推測できました。すると、案の定、5回目から、深夜の痒みが劇的に軽減しました。

最初から、この刺絡治療を行えば、症状の改善がもっと早かったかもしれませんが、脈が細かったこともあり、刺激が強い刺絡治療を治療初期では選択できませんでした。

患者さんにお身体の負担なく治療を受けていただくのが、鍼灸治療の基本であるために、弱りを示す身体の所見が一つでもあれば、最初から刺激性が強い治療法はファーストチョイスとしてはベストではありません。

この症例の様に、診断は正しいのにも関わらず、症状の改善がいまいち改善しない場合、治療戦術の見直しが必要になってきます。

刺絡療法を行う前に、一度、水を補うことで内熱を冷ます治療をした際、脈の太さに変化が乏しかったので、

「少々の熱をさばく治療では若干の変化しかなく、逆に陰を与えては脈の変化がほぼ無いのであれば、一見弱り示す脈の所見は仮の姿だ。奥深くにある熱を徹底的に取り除かなねば」

ということで、刺絡療法がベストな治療戦術として選択したところ、症状の快方に向かった次第です。

この様に、漢方的な鍼灸治療において、その時々の整体の虚実の主従を見極めたうえで、刺激(作用)量を変えていくことが大切なのです。

こちらに、本症例の患者さんの喜びの声を紹介させていただいています。

症例2 妊娠・流産に伴って悪化したアトピー性皮膚炎でお悩みの大阪市20代の女性

患者:25歳 女性 兼業主婦
初診日:2010年4月17日

主訴について

アトピー性皮膚炎
<経過>
小学校入学前後に出始めた。
小学校3,4年が一番ひどく、特に肘の皮膚の炎症がきつかった。
中高生時に治まった。顔や唇には若干出ていた。

<現状>
アトピー再発の経過は、<既往歴~現病歴>参照。
痒み・発疹が顔、首から前は鎖骨下で後ろは背中、肘・膝、お腹に現れる。

手の届く部位を掻くと、湿疹部位が悪化する。
手が届かない背中は痒み・湿疹が出ても、元の状態に戻りやすい。

<増悪因子>
〇生理前(排卵時)
〇睡眠中、体が温もってきたら(特に首、脇が痒くなる)
〇興奮した時
〇仕事から帰ってホッとしている時
〇季節の変わり目

<緩解因子>
風呂上がりに保湿クリームを塗った後

その他の症状

〇首・肩のこり。
〇夕方疲れやすい。

〇以前は、28~30日型の生理周期が、死産後、40日前後になり、2日目以降の出血量が激減している。

〇痒みで熟睡しにくい。

既往歴~現病歴/生活環境/精神状態など

幼少期 特に健康上問題なく元気に過ごしていた。両親が離婚し、小学校入学までに、実母・実母側の祖父母、実父側の祖父母の家を転々として生活していた。
小学校 小学校入学前後にアトピー発症。入学と同時に、実父と継母と同居し始める。

3・4年生 家庭内がもめていて、父との関係が最も悪かった時期。また、当時、食生活は揚げ物や肉系が多かった。

5年生 父方の祖母と暮らし始め、精神的にかなり落ち着いていった。生活習慣が規則正しくなり、食生活も和食中心になった。それと共にアトピーも緩解していった。以降、就職するまでアトピーは緩解していた。

高校1年生 初潮

高校2年生 本人の希望で父親と再び暮らすようになる。父親との関係性は小学生の時ほど悪くなかった。食生活が、揚げ物や肉系が増えた。

18歳 経理事務の職に就く。職場の人間関係上のストレスがあった。この時期から、唇だけアトピーが現れる。

20歳 一人暮らしを始めた頃から、顔中心にニキビが現れた。肩こりを感じやすくなった。この時期に身長が5㎝伸びた。

23歳 退職

24歳 結婚

26歳 妊娠しないので、婦人科を受診したところ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断され、排卵誘発の薬を処方された。毎回ではないが、無排卵の時もあった。

その後、まもなく妊娠した。妊娠当初からつわりがきつく食べ物を受け付けなかった。常にミゾオチが気持ち悪く寝込みがちだった。唯一受け付けたのがサイダーで、がぶ飲みすると、スッとしていた。

妊娠3カ月目で体重が45㎏から39㎏(身長155㎝)に落ちた。つわりは4カ月目から緩和してから、普通に食事を摂れるようになり、また家事もできるようになった。

妊娠5~6カ月目でアトピーが顔を中心に悪化。
胎児は標準に育っていたのにもかかわらず、妊娠7カ月で死産(原因不明)。胎内で胎児の心音が聞こえなくなった為に、陣痛促進剤で胎児を胎外へ出した。その後、数日間、力が入りずらかった。

初めての妊娠で死産は、精神的なショックが大きかった。死産後、更にアトピーが悪化し、体も疲れやすくなった。体重は元の45㎏に戻った。

27歳4月 アトピーが顔から全身に広がり、背中・首回りにも出てきた。ステロイド剤を止めようと思って、エステの光療法(紫外線を照射)を3か月続けた。その間、完全に脱ステロイドをしたが、リバウンドの影響で皮膚の乾燥が全身火傷の様に広がった。皮膚がボロボロと鱗屑状になり、衣服に触れるだけで痛かった。精神的ショックによる食欲低下で、体重が39㎏に落ちた。

7月 皮膚科受診。きつめのステロイド剤を塗布したことで、全身の痒み症状が治まり、徐々に現状態になった。症状が治まったことで気分的に楽になり、食欲が増え元の体重に戻った。

<精神状態>
痒みと生理周期に伴い、不安やイライラなど、感情が昂りやすい(PMS症状)。

漢方医学的診断/治療と経過

【漢方医学的診断】
腎虚、肝鬱気滞化火⇒血熱・内風
【治療】
生理前後やパートでの疲労度によって虚実が変化するため、四診合参により、補腎による滋陰清熱を中心としながら、適宜疏肝理気を行った。

まとめ

<既往歴~現病歴>から明らかなように、本患者さんは、人生で数々の苦難を味わってこられました。実際は、ここに記載された以上の苦しい想いをされてきたことでしょう。その苦難によって生じた精神的葛藤が、今回のアトピー性皮膚炎と大いに関係しています。
一般に、過度な精神的葛藤が長期に渡ると、肝気の停滞から熱化、次第にその熱が血管内に流れる「血(けつ)」に波及します。これを「血熱(けつねつ)」と言います。血熱が、皮下の毛細血管に流れると、皮膚に炎症症状が起きやすくなります。これは、アトピーに限らず、様々な皮膚の炎症発生パターンの一つです。

また、本患者さんは初潮年齢が16歳と遅かったことは、注目に値します。この初潮の遅れは、発育・成長に密接に関係する腎気の不足である腎虚によるものか、あるいは肝の臓が腎の臓を働きを抑えていたのか定かではありません。恐らく、20歳で1人暮らしして解放感を得たためか、身長が5㎝伸びたことから、後者の方が可能性が高いものと思われます。

奮起・注意・緊張など人の行動時に活発に働く肝気を、下から土台として支えているのが、腎気です。腎気が十分蓄えられている時は、肝気が暴発することなく人は行動できます。しかし腎気のはたらきを抑えつけるほど肝気が昂った場合、人は興奮しやすくなります。

そこで、治療初期では、補腎をしながら肝気を引き下げる治療を行いました。すると、症状の一進一退あったものの、感情が落ち着いていくと共に、次第に痒みや炎症の程度が軽減していきました。

更に嬉しいことに、地道に腎気を補う治療を進めてきた甲斐もあって、念願の妊娠と出産の報告をくださいました。

本患者さんの治療は、私にとって、鍼灸治療の可能性を大いに感じさせていただいた、非常に印象に残っている症例の一つです。

こちらに、本症例の患者さんの喜びの声を紹介させていただいています。

症例3 過労による喘息発作でお悩みの大阪市50代の男性

患者:男性 52歳 司法書士(自営)
初診日:2011年10月31日

主訴について

<喘息発作発症の経緯と発症後の経過>

2011年7月1日 深夜2時頃、睡眠時に突然、息苦しくなり目覚めた。 首が締め付けられた様にな息苦しさで、救急車にて病院に搬送された。救急車に乗っている間に、息苦しさは緩和していった。 病院でのレントゲン、心電図では異常を確認できなかったので、担当医師は経過観察するとのこと。
その10日後、同様の症状再発。耳鼻科での、声帯までの内視鏡検査と聴診器による診察で、気管支が収縮しているとの指摘を受けた。

後日、K医大付属病院で、気管支喘息と診断された。シムビコートを処方されるも、深夜の呼吸困難改善せず。昼間の歩行時も息苦しくなってきた。

8月5日 府内某鍼灸院受診。3か月ほぼ週2回受診。症状やや緩和するも、深夜の息苦しさは当院来院時には依然としてあるとのこと。

8月中旬 府内漢方専門医院を受診。
半夏瀉心湯で逆流性食道炎が緩和したものの喘息は不変。五虎湯で、やや緩和。

<増悪因子>
〇台風
〇高湿度
〇風呂上がり
〇食事量が多い時

<緩解因子>
〇乾いた場所
〇クーラーなど冷えた部屋にいる時
〇白濁の痰が出た後。

その他の症状

〇首・肩・背中のこり
〇鼻根が重だるい

※解説イラストは表記上、裸モデルを使用していますが、実際は服を着用したまま、診察・治療を行っております。

既往歴~現病歴/生活環境/精神状態など

10歳 私学受験の塾通いで、勉強のストレスにより十二指腸潰瘍になる

35歳 司法書士取得。大きな取引先との仕事で、プレッシャーを感じやすかった。
30代後半 過敏性腸症候群。黒く、生臭い泥状便が出ていた。便が出るとスッキリする面と、時に腸に重だるさが残ることもあった。当時、辛いものを食べて、ストレスを発散させていた。また、30代後半より、司法書士の予備校講師を13年続けた。

38歳 結婚

45歳 網膜色素変性症で視野欠損のある母親を介護するようになった。この頃より、深夜、トイレに連れていくのに起こされるようになった。

46、48歳 帯状疱疹(主に右背中と右腹部)

47歳 逆流性食道炎

漢方医学的診断/治療と経過

【漢方医学的診断】
肝火犯肺、痰湿留肺
【治療】
胸郭内に停滞した熱や痰を排出する治療

まとめ

本患者さんの喘息は、仕事のストレスやお母様の介護などが積み重なったことによる、持続的な過緊張に由来していました。持続的な過緊張は、筋肉を固めます。特に、胸郭付近を走行する筋肉が固まってしまうと、まるで鎧をまとった様な状態になります。
また、胸郭内には、呼吸・循環器である肺と心臓が納められています。この二つの器官の働きが協力し合って、気血水のエネルギーが全身に運搬されます。

過緊張により筋肉が固まると、胸郭内から循環されるはずの気血水が巡りにくくなります。すると、次第に気が停滞し、熱化します。又、液体エネルギーである水も停滞し、ドロドロしてきます。これが、痰として気管支にへばりつきます。

こうして、肺の空気の出し入れ(新陳代謝)としての機能が阻害され、呼吸困難が生じます。これが、漢方医学的な視点からの、本患者さんの喘息発症に至るまでの、簡単な病理機序です。

治療では、胸郭内の新陳代謝がスムーズになる治療を徹底していきました。治療経過中、自営の仕事の疲労度やお母様の介護の状態によって、呼吸困難の頻度や程度は左右しました。しかしながら、地道に先述の治療方針を続けていったところ、次第に首・肩・背中のこりが軽減していく共に、呼吸困難が少なくってきました。

私自身、長年、喘息発作に苦しんできただけに、喘息の各種症状に対する研究は力を入れております。一人でも多くの方が喘息症状の苦しさから解放されますよう、そのお手伝いをさせていただければと思います。

漢方鍼灸 妙見活法 大阪天満 かわかみ吉祥堂

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8-25 長田ビル3F
駐車場なし
電話番号06-6354-4189
休診日日曜日 火・土曜日午後 第4木曜日午前
院長川上 哲寛妙真
駅から治療院までの詳しいアクセスはコチラ

ページトップへ⬆︎大阪市北区で自律神経失調症の治療で評判の漢方鍼灸院 │ 大阪天満 かわかみ吉祥堂