TEL アクセス お問い合わせ

ホーム > 大阪市 鍼灸 自律神経失調・慢性疲労

自律神経失調症・慢性疲労でお悩みの方へ

このような自律神経症状で、
お悩みではありませんか?

  • 一日中、倦怠感を感じ、いくら
    寝ても疲れが抜けない
  • 頭痛肩凝り、腰痛など、体があちこち痛む
  • 気分が落ち込み、何もする気がしない
  • 寝付きが悪く、眠りも浅い
  • 特定の状況下になると、動悸や息苦しさが現れ、過呼吸状態になる
  • めまい吐き気を催しやすい
  • 便秘下痢胃のムカツキなど胃腸症状がある

病院で、これらの症状を訴えても、検査結果で異状なし、原因不明と診断とされることでしょう。そんな方こそ、是非これから先を読み進めてください。

自律神経失調症・慢性疲労改善の鍵は、
新陳代謝の回復です!

「大阪天満 かわかみ吉祥堂」では、漢方鍼灸と妙見活法で、体本来の新陳代謝の回復によって、自律神経失調症と慢性疲労の改善のお手伝いを致しております。

新陳代謝が回復すれば、
ストレス・疲労物質を受け流せる
お体になっていきます。

マッサージや整体などで改善されない自律神経失調症や慢性疲労でお悩みでしたら、当院にお気軽にご相談ください。

1 自律神経失調症って何?

この項では、各神経系の特徴を踏まえたうえで、自律神経失調症の一般的な認識をご紹介いたします。

神経系は大きく中枢神経と末梢神経に分かれます。「中枢神経」は脳と脊髄、「末梢神経」は中枢から各器官まで伸びる神経の束のことを言います。自律神経は、体性神経と共に末梢神経に分類されます。

体性神経
口手足などを動かす「運動神経」と痛み・温度を感じる「感覚神経」で成り立ち、これらの働きを自覚的に捉え、自分の意思で制御できる神経です。

自律神経
「交感神経」と「副交感神経」で成り立ち、自分の意思では制御できず、自動的・反射的に、ホルモン分泌、血液・リンパ液の循環、呼吸・消化・吸収・排泄などの代謝に関わる内臓機能、体温調節、免疫といった生命活動を支える神経です。

交感神経
主に日中、活動時、興奮時、ストレスや不安を感じている状況などで優位になる神経

副交感神経
主に夜間、休息時、リラックスしている時に優位になる神経交感神経と副交感神経は、一方が働いている時はもう一方は休み、一方が休むともう一方が働き始めるという、いわばシーソーのようにバランス(動的平衡)を保ちながら働きます。

過度のストレスや寝不足によって交感系神経側にシーソーが傾いたままの状態が、多くの自律神経の乱れのモデルにされています。反対に、緊張感が少ない環境下やダラダラした生活によって副交感神経に偏っても、自律神経の乱れが生じます。

2つの自律神経の切り換えが効きにくくなった状態が自律神経失調症です。その代表的症状は、次のようになります。

■自律神経失調症の代表的症状
手足の冷え、動悸、食欲不振、喉のつまり・違和感、不眠症、感情の不安定、めまい、耳鳴、顎関節症、手足・全体のシビレ、熱感・微熱・ほてりなど。

また、極度に強い疲労感が長期間(一般的に6カ月以上)に及び継続する「慢性疲労症候群」は、自律神経系の乱れが関与しているとされています。その代表的症状は、次のようになります。

■慢性疲労症候群の代表的症状
倦怠感、疲労感、発熱、喉の痛み、頭痛、筋肉痛、筋肉のこわばり、気分の落ち込みなど
2 自律神経と新陳代謝

西洋医学では、前項でみたように、自律神経系失調症は、交感神経と副交感神経のアンバランスという認識に留まっており、実際のところ、その先の効果的な対処法がほとんどありません。何故なら、西洋医学による対処法には、自律神経が健全に機能するために必要な要素が欠けているからです。

自律神経は、「自分の意思では制御できない」「自動性」を特徴にしています。この2つの共通項は、「自然」です。「自然」は、人間の意思とは関係なく、自ずから運行するものです。

自律神経の特徴そのものが、肉体に「自然」の性質が備わっていることを説明してくれています。

西洋医学では、かつて、自律神経を植物神経と呼んでいた時期がありました。このことは、人間の肉体は自然の一部という認識が少なからずあったことを示しています。

ところが、現代的西洋医学は肉体を機械の部品のように扱う傾向にあります。そこには、人間の生命現象を自然界との連続性として捉える視点が抜け落ちています。そのため、現代医学は、自律神経失調症に対する認識を大きく見誤り、その処置を不得意としているのです。

医学は自然科学の一端を成し、本来なら自然の法則に沿うのが当然のことです。生体は自然界の摂理に従えば、自律神経は自ずから整うようにできています。

では、その自然界の摂理とは、一体、何でしょう?

それは、「新陳代謝」です。

「新陳代謝」とは、必要なものを内に入れ、不要なものを外に出し、古いものが新しいものに入れ替わっていくことです。それにより、自然界は、「破壊と創造」が繰り返される中で、絶えず「循環」「転換」「再生」していきます。

自律神経は、自然界との有機的な連続性のもと、新陳代謝を機能させ、私たちの生命活動を支えてくれています。

新陳代謝が機能する際、必ず「出~入~出~入~出~入~」のリズムを伴います。このリズムの積み重ねが、「流れ」を生じさせます。

人体においては、いくつもの「流れ」が、「飲食物の摂取と排泄」「呼吸活動」「血液循環」といった自律神経機能の制御に大いに関わります。

その「流れ」は視覚的に確認できるものではありません。敢えて、一つの仮説として視覚化させるとしたら、以下のトーラス状を成すものが考えられます。


地球を中心としたトーラス状の地磁気の流れ(参考サイト


人体を流れるトーラスエネルギー(参考サイト

この2つのイラストを重ね合わせることにより、人体が「小宇宙」「小自然」と言われる所以が理解しやすくなります。

また、新陳代謝は、トーラス状の自然界と人間の交流として捉えられる側面があります。その交流には、「受け入れ・受けたまわり・受け流し」という規則性があります。この一連の受けを「豊受」、その規則性を「授受還元の法則」と呼びます。

「授受還元の法則」は、生体外では、自然界、社会、家庭、対人関係、生体内では、各細胞、組織、器官、どの領域においても働いています。このことは、生命現象、そして人生そのものが、様々な対象との相互関係性によって成立していることを指し示しています。

何らかの原因により、「授受還元の法則」から外れ、生体内外の「流れ」が悪化すると、体内で必要なものが不足したり、不要なものが停滞します。この「不足」と「停滞」が、自律神経失調症や慢性疲労を引き起こすのです。

3 自律神経失調症の漢方医学的解釈

漢方医学には、そもそも自律神経の概念がありません。それでも、自律神経失調症・慢性疲労症候群、いずれの症状に至るに至るメカニズムについて、新陳代謝の異常を示すエネルギーの「不足」と「停滞」として、漢方医学の用語に置き換えて説明することができます。

「不足」と「停滞」は、次のように、内臓や気血水の不調和に由来するものとして考えられます。

【内臓の不調和】
内臓面では、主に肝臓と脾臓の問題を重視します。肝臓は主に「行動・緊張」、脾臓は「思考・弛緩」との関係が深く、この2つの内臓は、お互いに協力し合いながら、人間活動を支えています。

肝脾の2つの内臓は、内臓の根っこである腎臓を土台にして、互いにシーソーのように、生体内のバランスを維持しています。

「行動~思考~行動~思考」のリズムやバランスが崩れると、それぞれの内臓機能の問題が生じやすくなります。

・頑張り過ぎ、常にイライラ、我が道をいく→肝の機能亢進=肝鬱気滞⇒空回り状態
・考え過ぎ、落ち込み、人の意見を気にする→脾の機能低下=脾気虚⇒やる気の低下

 

【気血水の不調和】
気血水の不調和とは、単純に言えば、エネルギーの「過剰(停滞)」と「不足」の問題です。漢方医学では、エネルギー過剰・停滞を「実」、エネルギー不足を「虚」と表現します。そして、それぞれの問題は、次のようになります。

・実:気滞血瘀(気が停滞することで、血も停滞する)、湿痰(ネバネバして、潤す用途をなさない余計な水)

・虚:気虚(活動エネルギーの不足)、血虚(身体組織に栄養を与える血の不足)、陰虚(身体組織を潤す水の不足)

これら、内臓・気血水の状況は、全身の新陳代謝と関連します。内臓・気血水の不調和が改善すれば、新陳代謝も回復し、自律神経失調症や慢性疲労症候群に現れる各症状も緩和しやすくなります。

4 妙見活法で「受け流し力」のUP

自律神経失調症に至る要因として、「(精神的)ストレス、仕事による過労、運動不足、睡眠不足、飲食の不摂生」などが挙げられます。

しかし、例えばストレスを受けたらかといって、誰もが自律神経失調症に至るとは限りません。

上記の要因があったとして、自律神経失調症の要因として認められるには、結局、「受け入れ・受けたまわり・受け流し」の不具合に行き着きます。

ストレスが症状の要因と特定された場合、受け流し難いほどのトラウマ体験など、過去の強烈な体験・出来事が関係する場合がほとんどです。

しかし、精神面において、原因の深追いには注意が必要です。

それは、原因となる体験・出来事を特定したり、思い出させたりしたとしても、それによって受けた心の傷を解消するのは容易ではないからです。それどころか、かえって精神的負担を増す場合があります。

当院では、ストレスが症状の原因として認められる場合、まずは肉体上で起きた問題を「受け流せる」ようになることを優先する立場で治療に当たらせていただきます。

先に肉体的余裕という下地を作ったうえで、ストレスを受け流しやすくする、妙見活法の整心術をご用意しております。

心も体も余裕が生まれると、少々の不具合も、「受け入れ・受けたまわり・受け流し」やすくなります。それは、源泉かけ流しの温泉がイメージに近いかもしれません。

人間の肉体は60~70%は水で構成されています。妙見活法は、肉体の水の取り扱いに非常に長けている術です。妙見活法で、疲労物質やストレスを受け流すお手伝いをさせていただきます。

5 症状改善のお喜びの声

初回施術後に体が軽くなったのを実感!ひどかっためまいも改善しました

O.M.様(女性/30歳/教師)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
過呼吸、自律神経の乱れ、めまい
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
はい
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
HPを見て、似たような症状が紹介されていたので
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
最初は半信半疑でしたが、西洋医学では対処療法しかなく、薬を処方されるだけでした。このまま薬が増えていくことに恐怖を覚え、藁にもすがる思いで治療を受けみました。

初回は問診を含めて3時間近くかかりましたが、治療することで、体が軽くなり、早速、翌日の仕事に変化が出ました。

寒い日が続いて本当に毎日しんどい思いをしていたのが、1時間近く、外での誘導の仕事ができたのです。「この治療は私にあっているのかもしれない」と思い、週に2回通いました。

その中で、先生に運動(特に散歩)をするよう勧められたので、暇を見つけては歩くようにしました。

他に、職場での業務負担を軽くしてもらったことなども影響があるかもしれませんが、だんだん日を追うごとにめまいが起きなくなりました。

今も無理をすると逆戻りしてしまうときもあり、油断はできませんが、起こっても以前より症状が軽く、仕事に影響の出ない程度におさまっています。一番ひどかった状態を脱したことは確かです。

鍼灸治療に不安のある方もいらっしゃると思いますが、痛みもほとんどありません。同じような症状でお悩みの方は、ぜひ一度、受診してみてください。

予約制なので、忙しい方にもぴったりです。他の患者さんと顔を合わせることも少ないので、安心して通っていただけると思います。

(※施術効果には個人差があります。)

手放せなかった鎮痛剤を全く飲まなくなるほど頭痛がなくなりました。

K.Y.様(女性 /27歳/販売員)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
肩こりや耳なり、頭痛などがひどく、その他にも胃痛や扁桃腺炎など体の不調な状態が続いていた。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
いいえ
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
母が通院しており、母の症状が改善しているのを見て、自分の体調を治したいと思ったため。
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
5年程前に接客の仕事を始めてから、肩こりに悩まされていました。また学生の頃から頭痛もひどく、鎮痛剤なくては生活出来ない程でした。

(病院へ)通院を始めるすこし前から耳なりもひどくなり、また頻繁に胃痛や体調を崩すようになり、病院へ通うもはっきりとした原因が分からず、良くならない日々が続いていました。

そんなときに母からの勧めもあり、鍼灸治療を受けることにしました。通院して3~4週間程すると、手放せなかった鎮痛剤も全く飲まなくなる程、頭痛もなくなり、耳なりや肩こりも良くなっていました。

体調が改善されてから、不安感がやわらいだものもあり、精神的にも落ち着き、気持も楽になったように思えます。

また鍼灸治療をしていると、つらかったアレルギー性鼻炎も症状をやわらげることができ、花粉症の時期も楽に乗り越えることができました。

最初は体に鍼を刺すという行為にかなり抵抗がありましたが、体調が改善されていく状態を目の当たりにして、通院して良かったなと今は心から思います。

(※施術効果には個人差があります。)

数回の施術で、肩の重さや張りなどがなくなりました

I.K.さん(男性/42歳/無職)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
肩凝り、眼球疲労、肩が重く、首が回らない。目の奥が痛くなり、頭痛となる。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
いいえ
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
私は、ベーチェット病という慢性疾患があるので、その病気の知識がある先生をインターネットで検索してHPを見つけ、HPの内容と、掲載されていた顔写真で決めた。
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
初診の問診において、幼少の頃からの病歴や、生活環境、性格などといった多方面からの内容であること、十分時間をとったその丁寧さに、信頼感と安心感を得ました。

肩凝り、眼球疲労は、数回の治療を受けただけで効果があり、特に肩凝りは、普通に首が回る様になり、肩の重さや張りなども無くなりました。

また、その時々の症状(風邪、腰痛など)で治療を受けたさい、その日のうちに改善を感じる事ができました。

鍼治療において、ベーチェット病患者は不適合であるという意見もあり、不安がありました。また鍼一本で症状が改善するのかという疑問が有りましたが、先生の問診、治療を受けて、それらの不安や疑問は無くなりました。

先生と鍼治療の効果に感謝しております。

(※施術効果には個人差があります。)

治療を受けてから物事に集中しやすくなり、ぐっすり眠れるようになりました

匿名希望(男性 /28歳/建設業)

今回ご来院されるきっかけとなったお悩みの症状と、ご来院前の状態をお聞かせ下さい。
朝起きる時に腕がしびれて、力が入らない。時々どうきが起こる。その他、ひざ痛、腰痛。
当院以外でこれまで鍼灸治療のご経験はありましたでしょうか?
はい
当院へのご来院はどのような理由でお決めになりましたか?
(未記入)
当院で鍼灸治療を受けて、症状や気持ちの変化、症状が改善した感想などをお聞かせ下さい。
何回か治療を受けていくうちに、腕に力が入っていくようになった。

毎回治療を受けて感じることは非常にリラックスできるということ。リラックスできることによって、物事に集中できやすくなったり、良い睡眠がとれるようになった。

2週間くらい通ってから状態も大きく回復した。たくさんの大きな病院をまわったが原因不明と言われた。心療内科で「効くかわからないが」と薬をもらったが、鍼灸治療で徐々によくなっているという結果があったので、川上先生に相談し、副作用のある薬は飲まなかった。

私が思うに回復はゆっくりだが、とても効果的で、病院の薬よりもやさしい治療なのではないかと思います。

足・腰が痛いにも関わらず、趣味のテニスをしながら治療できたというのも、私には合っていました。集中できると、判断力が付き、治療にも専念しやすくなりました。現在は、月に1,2回わるくなりかけてきたら、行くようにしています。

(※施術効果には個人差があります。)

6 自律神経失調症・慢性疲労改善の症例報告

自律神経失調症・慢性疲労改善の症例報告はコチラ >

漢方鍼灸 妙見活法 大阪天満 かわかみ吉祥堂

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8-25 長田ビル3F
駐車場なし
電話番号06-6354-4189
休診日日曜日 火・土曜日午後 第4木曜日午前
院長川上 哲寛妙真
駅から治療院までの詳しいアクセスはコチラ

ページトップへ⬆︎大阪市北区で自律神経失調症の治療で評判の漢方鍼灸院 │ 大阪天満 かわかみ吉祥堂