TEL アクセス お問い合わせ

ホーム > よくあるご質問

吉祥堂が初めての方へ

よくあるご質問

鍼灸治療が全く初めての方向け

鍼灸治療を受けた経験はあるが、当院の来院をご検討中の方向け

妙見法術活法について

整心術について


1.鍼灸治療はどんな疾患に効果がありますか?

一般に、肩凝り,腰痛、神経痛ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くの辛い病気・症状に効果があります。

NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として、鍼灸治療の各種の病気に対する効果が認められています。鍼灸治療で有効とされる病気・症状を、以下にご紹介します。

▲ 質問に戻る

2.鍼は痛くありませんか?

当院の鍼灸治療は痛みを伴いません。

鍼は繊細な日本人の体質に合った、髪の毛ほどの細さの鍼を浅く刺します。また痛みの出ないように鍼を刺す訓練を経ているので、ほとんどの方が痛みを感じることがありません。

また少数鍼による施術(1~3本)のため、鍼が怖いという患者さんには喜ばれています。

ただし、感覚は人それぞれのため、過敏な人の中には若干の痛みを訴える方もいらっしゃいます。そういう方には古代鍼、打鍼といった、皮膚に刺さない鍼を用いて対応することがあります。

▲ 質問に戻る

3.鍼で感染したりしませんか?

感染の心配はありません。

鍼はすべてディスポーザブル鍼(高圧蒸気滅菌済み使い捨て鍼)を使用してます。感染等の心配はありません。また院内は常に清潔な状態を保つよう最善の注意を払っております。

▲ 質問に戻る

4.鍼灸治療は合う人と合わない人がいると聞きましたが、実際はどうなんでしょうか?

合わないと言われる方は、恐らく適切な診立てに基づいての施術を受けておりません。

診立て・施術として身体に与える情報・作用(刺激)量など、施術が適切であれば、誰にでも有効に作用する優れた治療法です。鍼灸治療には、局所鍼、多数鍼、電気鍼、美容鍼、スポーツ鍼など様々な施術形態があります。

合わないと言われる方は、恐らく適切な診立てに基づいた施術方法を受けられなかったのかもしれません。

▲ 質問に戻る

5.乳幼児は診ていただけますか?

もちろん可能です。

乳幼児に対しては、古代鍼と呼ばれる接触鍼(刺さずに皮膚に当てるだけの鍼)を用い施術しますので、痛みは全く感じません。夜泣き、疳虫、夜尿症、便秘など、様々な疾患に対し、施術を行うことができます。

▲ 質問に戻る

6.妊娠中は診ていただけますか?

もちろん可能です。

鍼灸は妊娠中に生じる様々な症状を軽減するのに大変有効です。また治療の際は、なるべく妊婦さんにとって楽な体勢で施術を行います。

▲ 質問に戻る

7.生理中でも鍼灸治療を受けられますか?

生理中でも全く問題はありません。

症状によっては月経周期も参考にし、その時の体調に合わせた施術を行います。月経期に、月経痛を緩和させる目的で来院される方もいらっしゃいます。

▲ 質問に戻る

8.鍼の数が多いほどよく効くんじゃないですか?

刺す鍼の本数が多いほどよく効くというわけではありません。

治療の善し悪しは鍼の本数で決まるのではなく、体に対して適切な情報(刺激)を与えられたかどうかが左右します。御体は一人一人違いますし、同じ人でも体調は刻々と変化しています。ですから、適切な鍼の情報(刺激)量はいつも同じとは限りません。

また、鍼の本数だけでなく、使う鍼の種類でも刺激の質や量が変わります。その時の患者さん自身の状態に応じた治療を心がけております。

▲ 質問に戻る

9.どのくらいの期間・間隔で通院すればよいのでしょうか?

これは病の重さや症状により個人差があります。

長期にわたる疾患でも、数回で何らかの効果(例えば良く眠れるようになったとか便通が良くなったなど)が期待できます。 しかし、薬で症状を抑える対処療法的な治療とは違い、病の大元に対して治療していきますので、1、2回で完治する事は難しいとお考え下さい。

症状によりますが、基本的に施術が軌道に乗るまでは週に1~3回、その後症状が緩解していけば1週間に1回、2週間に1回と、徐々に間隔を空けられるように努めます。

また、あまりにも頑固な症状をお持ちの患者さんは、根気良く治療を続けて、当院の養生指導をしっかり守っていただくことが重要になります。

▲ 質問に戻る

10.薬との併用は大丈夫ですか?

基本的に薬と併用しながらでも治療を受けていただきます。

鍼灸のみによる施術をお勧めする場合もありますが、なるべく患者さんの要望をお聞きしながら、最善の方法を取るように心掛けています。長期に服用している薬を止めるとリパウンド現象が起こり易くなりますので、廃薬をご希望される場合、徐々に服用量や頻度を減らしていくことをお勧めしています。

▲ 質問に戻る

11.保険は使えますか?

大変申し訳ありませんが、保険治療の形式を採用してません。

「神経痛やリウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腰痛」は、鍼灸治療の健康保険の適用が認められています。

しかし、現行の保険制度では、当院で志向する鍼灸治療を全くをもって実現できませんので、大変申し訳ありませんが、保険治療の形式を採用してません。

▲ 質問に戻る

12.どんな格好で治療を受けるのが適切ですか?

服を着たまま治療を受けていただけます。

ただし、締め付けの強い服・下着の着用は、診察や治療に差し支えます。少しでも効果的な治療を受けて頂けるためにも、身体を締め付けるような服・下着の着用をご遠慮ください。また、腹部・背部・肘から下・膝から下が診やすいよう、ワンピースなど上下が繋がった服もご遠慮ください。

尚、当院では、スウェットパンツをご用意しています。

▲ 質問に戻る

13.治療を受けた後、お風呂に入ってもいいですか?

入浴は約6時間後であれば大丈夫です。

治療初期段階において、治療効果の是非を認識するために、治療後の大きな刺激を与えることはお勧めしてません。午後6時以降に治療を受けられる方は、翌日の入浴をお勧めしています。また、施術を受ける直前の入浴は避けてください。入浴直後のポカポカした状態では、正確な触診が難しくなるからです。

▲ 質問に戻る

14.治療を受けた後、お酒は飲んでもいいですか?

基本的にはお勧めしていません。

A13で回答しましたように、治療効果の是非を認識するために、治療後の大きな刺激を与えることはお勧めしてません。また、施術を受ける直前の飲酒は絶対に控えてください。正確な診断ができなくなります。

▲ 質問に戻る

15.治療を受けた後、運動してもいいですか?

ゆったりとした散歩や軽いストレッチ程度でしたら大丈夫です。

激しい運動はお体にとって刺激が強い場合がありますので、治療を受けた日はなるべくゆったりしていただく方が、治療効果が持続しやすくなります。

▲ 質問に戻る

妙見法術活法

1.妙見法術活法って、一体何ですか?

妙見法術は、桓武天皇、平将門公を血統とする千葉一族に1000年来伝わるものです。その特徴として、北極星を中心とし、その周りを回転する北斗七星の観察によって、宇宙・自然界の仕組みを、千葉家独特の「陰陽・中庸」の概念で捉えて法則化し、術として体系化した点にあります。

特に、武士の時代、兵法や医術など、人の生き死に関する現象の大転換をもたらすのに、非常に実践的な術理が発展してきた歴史があります。因みに、幕末の志士・坂本龍馬は、北辰一刀流と同時に、妙見法術を学んだと言われています。

▲ 質問に戻る

2.妙見法術活法はどんな疾患に効果がありますか?

妙見法術活法では、現在の状況・状態に対して、「場や質の転換」の実現を心掛けております。なので、特定の疾患を対象にしておりませんが、ご参考までに、部位を問わず、様々な疼痛、痺れ、だるさ、精神的な悩みなどの現象の大転換に大変有効です。

▲ 質問に戻る

3.妙見法術活法は何を目的として行っているのですか?

「患者さんが元の自然な状態に戻る」ための後押し、これが妙見法術活法の目的としていることです。それには、極力、術者が患者さんに介在し過ぎない、つまり手を加え過ぎないことが大切です。何故なら、術者の手が加われば加わるほど、人工的な要素が強くなり、自然に治るという現象が出にくくなるからです。

▲ 質問に戻る

4.何で一触れで現象が変化するんですか?

宗家でさえ、科学的根拠はよく分からないそうです。ただ言えることは、妙見法術に伝わる作法に則った一触れがしっかり行えていれば、自然界の作用が術者を通じて患者さんに伝わっていきます。それにより、患者さんと自然界の親和性が生まれ、患者さんの自然治癒力が引き出されやすくなります。

▲ 質問に戻る

5.妙見法術活法が大切にしている「作法」ってどういうことですか?

妙見法術活法の作法は、単なる治療術のためというより、「自然との親和性」「命や生き方の整え」が最大の特徴です。それは、「人として自然界で生を受け、どう生きていけばいいのか」ということであり、言い換えれば「天から地に注がれる恵み、そして地から受けた実りを、いかにお返ししていけるか」ということでもあります(授受還元の法則)。

それには、現状の自分の「立ち位置」「方向性」「歩み方」や、これまでの「足跡」などの確認・改善が必要となります。それを観念的ではなく、体から修正し、実現していくための示しとなるものが、妙見法術の作法になります。この作法を術者が行うことで、患者さんの心と質の転換がなされていきます。

▲ 質問に戻る

1.整心術って、一体何ですか?

簡単に言えば、今感じている悩み・不安・葛藤を抱えている心の負担を軽減させる、千葉家に伝わる妙見法術の中の一つです。それは戦いの現場の中から生まれた、非常に実践的な技術です。

私たちは悩みを抱えているとき、多くは、自分自身の内面の現状認識ができていません。更に、体の方も緊張しきっています。それは、真っ暗な部屋の中で身動きが取りずらくなっているのに近い状態で、それでは現状を変えることも困難です。

整心術は、心そのものを直接的に扱うのではなく、現状に居ついてしまっている体の状況を、いくつかの段階を経て変容させていきます。現状に居ついた体に余裕が生まれることで、心にも余裕をもたらされるようにしていきます。

▲ 質問に戻る

2.整心術では、実際にどんなことをするのでしょうか?

準備中

▲ 質問に戻る

3.?

準備中

▲ 質問に戻る

4.?

準備中

▲ 質問に戻る

5.?

準備中

▲ 質問に戻る

漢方鍼灸 妙見活法 大阪天満 かわかみ吉祥堂

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8-25 長田ビル3F
駐車場なし
電話番号06-6354-4189
休診日日曜日 火・土曜日午後 第4木曜日午前
院長川上 哲広妙真
駅から治療院までの詳しいアクセスはコチラ

ページトップへ⬆︎大阪市北区で自律神経失調症の治療で評判の漢方鍼灸院 │ 大阪天満 かわかみ吉祥堂